広告

購入に至った経緯

初めてダブレットを購入する際には、傷防止として、保護フィルムやケースをセットで買う方がほとんどだと思います。私もiPad Pro10.5を購入して、すぐに保護フィルム、背面ケース、Smart Keyboardを取り付けました。

使用開始してから、約1年は上記の状態で使用していたのですが結構重量があって
自宅でも作業机でしか、ほとんど触らないような状態でした

今回、Smart Keyboardの反応が悪くなってきたことをきっかけに、
Smart Keyboardと背面ケースから、タブレットスタンドに変更したことで
想像以上に使いやすくなったのでその話をしていきます。

私の使用環境

私の使用デバイスは、iPhone SE2・iPad Pro10.5・MacBook Pro 13です。
それぞれの使用用途は、以下の通りです。

・iPhone:電話、電子決済関係、ブラウジング
・iPad :電子書籍の閲覧、動画や映画鑑賞、記録帳(Evernote、GOODNOTE)
・MacBook Pro:その他作業全般

なので、IPADはコンテンツ消費としての使用が主だったので、
テキスト入力をすることが少なく、Smart Keyboardは持て余していました。
そうした理由から、今回Smart Keyboardを買い直せずタブレットスタンドに変更しました。

MOFT X パッドスタンドの紹介

私が今回購入したタブレットスタンドは、MOFT X パッドスタンドです。
これを選んだ理由としては、薄型・軽量であったこと。後は、デザインが好きだからです。

Smart Keyboardからタブレットスタンドに変えた感想

実際に取り付けた写真がこちらです。

デザインと質感が良く気に入っています。
Smart Keyboardと比較すると、iPadが軽量になったことで持ち運びが楽になりました。
意外だったのですが縦持ちの際も、リング代わりになって使いやすいです。


Smart Keyboardとの比較です。
動画視聴の際、Keyboardの圧迫感がなくなるので画面に集中することが出来ます。
また、机の占有面積が少なくなるので、ノートを書く際などに便利です。

まとめ

今回、タブレットスタンドに切り替えたことで、iPadの利便性が向上したと感じております。
普段からよく使うデバイスである以上、軽量の方が使い勝手が良いと改めて思いました。

iPad miniの買い替えも検討していたのですが、
今回、タブレットスタンドに変えたことで、その必要性もなくなりました。

iPadが重たいと思っている方は、思い切ってタブレットスタンドに変えてみてはいかがでしょうか?

広告