ゲームにマンネリを感じている人はVRがおすすめ

私は、昔からゲームが大好きです。
休日は出かけるよりもゲームで遊ぶ方が楽しいと思っていて、1日中ゲームをしていました。

最近では、ゲーム機のグラフィック性能も上がって、よりリアルになっていますが、
ゲーム内容としては、新鮮味がなく楽しいというよりは何となくやっているという状態でした。

そういった理由から、ゲームをする時間が無駄なように感じて
ゲーム類を全て売却しゲームは一切しなくなっていました。

そんな私ですが、メンタリストDaigoさんの動画をきっかけにVRゲームを導入しました。
今回は、VRを導入して感じた私の感想を書いていきます。

広告

VRとは

VRは「Virtual Reality」の略で、「人工現実感」や「仮想現実」と訳されています。
ここには「表面的には現実ではないが、本質的には現実」という意味が含まれ、
VRによって「限りなく実体験に近い体験が得られる」ということを示します。
VRを通して得られるリアルな体験が、あたかも現実であるかのように感じられるということです。

VRゲームでは、下のようなゴーグルを頭に装着して遊びます。

私が購入した端末

この度、私が購入したのは「Oculus Quest2」の256GBモデルです。
これ以外にも、色々なメーカーからVR端末は販売されています。

VR端末を購入検討する際、これらの記事を見て選びました。

眼鏡を使用している方は、VRゲームを導入する上で不安だと思いますが、
専用のアタッチメントもありますので、装着時に気を使いますが割と快適に遊べます。

VRゲームで遊んでみて感じたこと。

VRで遊んで感じたことは、圧倒的な没入感と満足感です。

VRゲームでは、当たり前ですがテレビゲームと違って、
映像が立体的なので、最初は映像だなと思っても遊んでいると本当にそこにいるような感覚になります。

初めて遊んだ日は、遊び終わった後でも、しばらく感覚が残っていました。

また、VRゲームは身体を動かして遊ぶので、ゲームの種類によっては30分もせずに汗をかきます。
なので、テレビゲームだと何時間をダラダラ遊んでしまうことが多いですが、
私の場合は、1時間ほど遊ぶと身体が疲れてきて休憩します。
身体を動かすので終わった後には、運動後のような満足感を得られます。

別の記事では、私が購入したゲームを紹介しています。
よければ、こちらも参考までに見ていってください。

追記

2021年2月に諸事情によりOculus Quest2は手放しました。

Oculus Quest2は、VRを体験する最良のデバイスだと思います。
最近は、中古相場の値段も下がっていますので、VRに興味がある方は、試してみることをお勧めします。

広告