信仰には説得力が必要である。


こんにちは、リリィです。


今回のテーマは
「情報発信に実績は必要なのかどうか」
という話をしていきます。


まず大前提として、実績というのは
情報発信ビジネスだけでなく
全てのビジネスにおいて存在します。


例えば
・売上No.1
・お客様満足度〇〇%
・販売部数〇〇件

とかですかね。

情報発信ビジネスの中では
稼ぐ系と呼ばれる分野では顕著にですね。
月収〇〇万とか。


で、あなたに質問なのですが
実績って何のために必要だと思いますか?


商品が売れるため?
商品の価値を上げるため?
お客さんに信頼してもらうため?


とまぁ、あなたの頭の中にも
いくつかの答えがあると思います。


今回は役に立つというよりは
新しい視点を得るという感覚で
見ていっていただければと思います。



この記事を読んでいるということは
あなたも過去の私のように

「自分には実績がありません…」
「実績がライバルより低いので…」
「もっと実績を積んでいきます…」

と考えたことがあると思います。



ちなみに当時の私は
・実績がないから商品を作れない
・実績がないからお客さんに選ばれない

そんなことばかり考えていました。


で、指導を受けていた先生に言われたんですよね


そこじゃないよ。リリィさんの成果が出ない理由…

お客さんが気になっているのは
商品を手に入れることで自分の悩みが解決できるのか
自分の悩みが解決された後の理想の未来が手に入るのか

それだけだよ。



つまりですね・

実績とか関係なくお客さんの視点から見て
ライバルの方が問題解決してくれそうだから。

それだけだと言うこと。


これから実績というのは
どういう役割を果たすのか

それを理解していただくために
ある例え話をしていきます。



アイドル=商品だと思ってみてください。

画像4
画像5



つまりですね。実績というのは
あなたの商品でなら絶対に悩みを解決できる
そう思わせる説得力を生み出す手段の一つなのです。


「実績が少ないから、お客さんが来ません。」


当時の私に言うとしたら
気にするべきことはそこじゃない…



この人なら私の問題をきっと解決してくれる。
と…お客さんとの信頼を勝ち取る

そのために必要な行動をとっていけばいいんです。


実績が足りないなら無料相談でもいいし
添削企画やコンテンツを出すでもいいんです。

まずは、見込み客に対して
問題を解決できると感じていただくために
価値を証明していきましょう。


それでは、また別の記事で…。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
SNS