商品の中身を変えず価値を高める方法


こんにちは、リリィです。

今回の記事では、

引用:世界の終わりに柴犬と


というテーマで話していこうと思います。


よくある話として

販売価格 > 商品の価値
にならないよう注意しましょう

あなたも聞いたことがあると思います。


ですが…人が感じる価値というのは
伝え方一つで簡単に変わってしまいます。


例えば、
アンカリング効果と言われる心理テクニックがあります。

人間は前に見た数字や言葉に影響を受けるというものですね。

冒頭に1億円という数字を出しておくと
後半に「100万円」と言っても、
ただ100万円と言われるより安く感じてしまうとか

普段なら1,000円を節約しようとする人が
車を購入した際に、カスタムで10,000円払ってしまうとか。


とまぁ、こういったものです。

結局、高いか安いか。
その商品に価値があるかどうかは
見込み客が何と比較しているかで変わるということ。



では、これからあなたには
質問に答えていただきます。

準備はいいですか。

・・・

・・






あなたの目の前には
同じようなカバンが2つ置いていあります。


では、この2つの内
あなたが好きな方を選んでください。


さて、どちらを選びましたか?
おそらくは、あなたの好みに合った方を選んだと思います。




実は、左のバックはイタリアの職人が
丹精を込めて作った最高級の皮を使用しており
50万円で販売されています。



右のバックは、工場で生産されており
5000円で販売されているものです。




では、また同じ質問をしますね。


この2つの内
あなたが好きな方を選んでください。



さて、どちらを選びましたか?
おそらく50万円の方に価値を感じたと思います。


ちなみに値段の話は冗談です。
ですが、左のバックに価値を感じましたよね。

これは人間として当然の反応なのです。
(これも心理的な効果のひとつ)


また別の事例なのですが

ある販売者の方は5000円のセミナーを開催する度に
クレームが多いことに悩んでいました。

ついに、クレームに耐えきれなくなり
「もう、誰もセミナーを買うな!!」と

思い切ってセミナーの価格を
5000円→30000円にあげたのです。



するとどうなったか?



なんと、クレームが増えるどころか
セミナーの満足度も上がり
クレームの件数はどんどん減少していきました。



テレビ番組でも、同じワインを出して
値段だけ変えていると、高い方を美味しいといいますよね


それと同じで、情報コンテンツに関しても
価格が満足度につながる傾向にあります。


なぜかと言うと、情報コンテンツというのは
実体験を伴ってこそ価値を感じることができますので


値段が高い分、お客さんの心の中には
これだけ払ったからには絶対に元を取るぞ!!


と真剣に取り組むので
自然と満足度が上がるからですね。


もちろん、商品単価を上げるほど
リテラシーの高い方が購入する割合が増えるので
クレーム率の減少につながったという意見もありますが…。


と話が長くなってしまったので
最後にまとめると

同じ商品であっても、
・ターゲットを変える
・売る場所を変える
・比較対象を変える

などなど、伝え方を少し変えるだけで
お客さんが感じる価値というのは簡単に変わる
というお話でした。


というわけで、今日はこの辺で。
また別の記事でお会いしましょう…。

関連記事

自己紹介



情報発信ビジネス専門のライターです。 《 人・モノ・サービスを言葉で紡ぐ》 をテーマに、人柄や性格を文章に落とし込み、商品や発信者の隠れた魅力を引き出すオーダーメイド型ライティングを個人起業家や副業でビジネスに取り組んでいる会社員へ個別指導を提供しています。


◇無料相談/問い合わせはこちら◇


公式LINE

TOP
SNS