Hello My World。世界観と自己満の違いについて

こんにちは、リリィです。


今回のテーマは
「世界観と自己満の違いとは何か?」


この記事を書いた経緯なのですが
「世界観をもっと表現したいんですよね!」
「どうしたら世界観を表現できますか?」

といった悩みを抱えた方の
ライティング相談をいただくことがあります。


で、実際に話していくと感じるのが

世界観を出そうとして
自己満足に陥ってしまっているということ。



例えばですが、
中世ヨーロッパのような雰囲気を出そうと
デザインや商品の名前を決めている。

ただ、その理由を確認すると
特にはなくて、なんとなく格好いいからとか。



ただですね…。
こういった相談をいただいた方へは

世界観は、相思相愛
自己満は、一方通行

と言うことを最初にお伝えしています。

と言うのもですね。
自分が表現したいことを表現したから
世界観が生まれるわけではありません。


この画像で言われているように
海にいたくて船に乗っている人はいません。
必ず目的地があるはずです。



つまり、お客さんが商品を買うとき
何かしらの目的があるということ。



なので、私たちがまず自覚すべきは
「どこを目指すのか」という目的地。

ベネフィットや、ブランドプロミスといった
お客さんへ見せたい景色ですね。


そのために、私達が最初にすべきことは…


例えば、ディズニーなら夢の国と言われるのも
ウォルト・ディズニーが幼少時代に

本来子どもが欲しがるおもちゃを
一切買い与えてくれることもなく、
子どもらしい子ども時代を送れなかった

このような経験から
大人になって自分の理想の場所として…。



といった背景があるからこそ
そこに共感したお客さんが集まってくるのです。



そして、その夢の国を表現するために

ディズニーには時計が1つもないという話が出るほど
時計としての機能よりもその雰囲気に溶け込むような
デザインの時計を採用している。

といった、施作や表現が生まれてくるのです。



それと同じように
ただ世界観を出したいと考えるのではなく

誰に向けて、何を表現したいのか?
そしてどこへ連れていくのか。



もっと具体的に言うと

・あなたが目指す目標は何か?
・その目標を目指すきっかけは何か?
・お客さんへ何を提供するのか?
・どんな価値観を持っているのか?
・どんな印象を持ってほしいのか?

このように内容を考えるといいですね。



と…少し短いですが今回はここまで。
続きはまた別の記事にてお話ししますね。

関連記事

自己紹介



情報発信ビジネス専門のライターです。 《 人・モノ・サービスを言葉で紡ぐ》 をテーマに、人柄や性格を文章に落とし込み、商品や発信者の隠れた魅力を引き出すオーダーメイド型ライティングを個人起業家や副業でビジネスに取り組んでいる会社員へ個別指導を提供しています。


◇無料相談/問い合わせはこちら◇


公式LINE

TOP
SNS