商品を販売することに罪悪感を抱いてしまう方へ


こんにちは、リリィです。


あなたは、情報コンテンツなど無形商品の販売に
違和感や罪悪感を感じた経験はありませんか?



お客さんの役に立つような商品を販売したい
でも、本当にこれが役に立てるのだろうか。

そもそも、お客さんのことより
目の前のお金を見ているような感覚で…



自分より実力のある方ばかりで
本当に自分の提供する商品に価値はあるのか。

だからといって、ノウハウを知っても
その不安を解決することはできなくて…。



まるで、出口のない迷路をさまよっている。
そんな感覚になっていたことはありませんか?



私はそんな感覚を常に感じていました…。



この記事を見ているということは
あなたもそう思っているのかもしれませんね。



もしそうなら、この記事の内容は
お役に立てると思います。



私が実際に商品を販売していくとき
どうやって、その違和感を取り除くことができたのか。

自分より実力がいる方などがいても気にせず
商品を販売するための考えについて
お話ししていきますから。

なぜ罪悪感を感じてしまうのか。


まず大前提として
情報コンテンツを販売する際


罪悪感を感じてしまう原因は

自分が提供する商品・サービスに対して
自信や確信をもつことができていないこと。


そして、

他人の評価に従って
物事の良い悪いを判断していること。



主に2つだと私は考えています。

あなたの心の中にある言葉。


もし、あなたが商品を販売することで
クレームが来てしまったらどうしよう。

そう思っているのであれば

自分が提供する商品・サービスに対して
自信や確信をもつことができていません



そして、こう考えてしまう原因はシンプルで

画像5



私達の心にあった本当の言葉はこれです。


自信がないだけ
自分を信じられないだけです。

でも、違うんですよね。
私達が考えるべきことは。



ビジネスの目的は
お客さんの問題を解決する
これ以外のことはないのです

お客さんに提供できるもの
それがあればビジネスは成立します。



なぜなら…
人によって捉え方は違いますからです。


以前、このようなツイートをしたのですが



このツイートでも言ったのですが
人によって何を価値に感じるのかは
異なるということです。


例えば、あなたがスポーツ初心者だった場合
・超スパルタの鬼コーチ
・初心者向けのコーチ

どっちから指導を受けたいですか?


反対に、本気でプロになりたい場合
・超スパルタの鬼コーチ
・初心者向けのコーチ

どっちから指導を受けたいですか?



おそらく、状況によって変わったと思います。
つまりですね。


ここで私があなたに伝えたかったことは



つまり、誰かにとっては価値がないものも
他の人にとっては価値があるかもしれない。


〇〇は正しい。価値値がある
〇〇は正しくない。価値はない

と判断できるものではありません。



もし、クレームなどが起きたのなら

自分の価値観に合わないお客さんや
商品を必要としていないお客さんに対して
商品を販売してしまったことが原因ということです。



なので、私達のような方にとって必要なのは

自分の商品に価値を感じていただける
そんなお客さんだけに絞って
商品を販売していくことなのです。



その方法については
こちらの記事で解説していきますので
ぜひ活用してみてくださいね。


P.S

ただ、どんなにテクニックを知ったところで
それでは意味がないとも考えています。


根本的には
「誰のために何を提供して」
「どんな状態になってもらうのか」


この部分がおそろかになってはいません。
ノウハウコレクターと言われる方の多くは
そもそも伝えたいことが分からない。

という方も多いです。私もそうでした。


ノウハウはある。勉強もしている。知識も増えている。

でも…何を書けば…何を伝えれば…
伝えたい言葉が…自分だけの言葉が…

それだけが、どんなに考えても出てこない。
そうなっていました。

だからこそ
私たちが考えるべき最優先事項は

どんな悩みを抱えているお客さんがいて
そのお客さんをどんな未来へ連れていくのか


それを決めること。

今どき聖人だってアサルトライフルで武装し、 神の愛を説きながらブッ放す。 要は、君は、何を思い、 なんのために引き金(トリガー)を引くか、だ。

引用:ヨルムンガンド


この世に正解はありません。
あるのは、あなたの捉え方だけ。


なので、
どうやって伝えるかだけでなく
そもそも何を伝えたいのか

その意識をあなただけは
忘れないようにしてくださいね。


もし、自分が何を伝えたいのか。
発信している違和感から今すぐ抜け出したい。


そう思っているのであれば
公式ラインで無料相談も受け付けていますので
お気軽に連絡してくださいね。

公式LINE



それでは、また別の記事でお会いしましょう。

関連記事

自己紹介



情報発信ビジネス専門のライターです。 《 人・モノ・サービスを言葉で紡ぐ》 をテーマに、人柄や性格を文章に落とし込み、商品や発信者の隠れた魅力を引き出すオーダーメイド型ライティングを個人起業家や副業でビジネスに取り組んでいる会社員へ個別指導を提供しています。


◇無料相談/問い合わせはこちら◇


公式LINE

TOP
SNS