Apple Watchにはモバイルバッテリーが便利!

Apple Watchで本格的にアプリなどを使用すると、バッテリー時間は最大18時間程度とされています。
使用条件によって、もっと短くなると思います。
もし、自分の使用条件から概算を知りたい方はApple公式を参照ください。

Apple Watchは、トラッキング系のアプリ等を多用すると、すぐに残量がなくなりますが。
モバイルバッテリーを導入したおかげで、ランニング系のトラッキングアプリやMUSICアプリを多用する機会が増え、モバイルバッテリーを購入する以前より活用する機会が多くなりました。

今回の記事では、Apple Watchユーザーの私が購入した充電器について紹介していきます。

広告

モバイルバッテリーを買う前に確認すべきこと

Amazonなどでは、Apple Watch向けの充電器がかなりありますが、
購入する前にまずMFi認証品(Appleの基準に合格した製品)を取得していることを確認しましょう。

MFi認証品以外の製品では、短期間で充電できなくなるというレビューが多い印象です。
安い製品を買いたくなる気持ちも分かりますが、後で買い直すことになるので、
安物買いの銭失いにならないよう、下手に安い商品を購入しないように注意しましょう。

では、私が今回購入した商品ついて紹介していきます。

私が購入したモバイルバッテリー

私が購入したモバイルバッテリーは、「Belkin BOOST CHARGE」です。

BELKIN BOOST↑ CHARGE Apple Watch用モバイルバッテリー(2200 mAh) # F8J233btBLK ベルキン (バッテリーパック)

価格:6,980円
(2021/2/8 05:10時点)
感想(0件)

このモバイルバッテリーは、2200mAhのバッテリーを搭載しており、Apple Watchを最大63時間分(約3.5回分)の充電することが可能です。
簡単にこの商品のメリットとデメリットを紹介すると、以下の通りです。

メリット

・本体重量が、70gで軽量
・サイズがコンパクトで、外出時などの持ち運び時に邪魔になりにくい。

デメリット

・iPhoneやiPad用のモバイルバッテリーが別で必要。
・充電ケーブルがmicro-USBケーブル。

私の場合は、iPhone用のモバイルバッテリーを持っていたので、こちらの商品を購入しました。
個人的な考え方ですが、iPhoneやiPadは大容量バッテリーの方が使い勝手が良いので、Apple Watch専用のモバイルバッテリーの方が良いかなと思いました。

もし、iPhoneとApple Watchのモバイルバッテリーを1つにまとめたい場合は、「Belkin iPhone + Apple Watch用 モバイルバッテリー」などの一体型があります。

BELKIN Valet Charger Power Pack 6700 mAh (Apple Watch iPhone用) # F8J201BTSLVJP ベルキン (アップルウォッチ充電) モバイルバッテリー [PSR]

価格:11,500円
(2021/2/8 05:12時点)
感想(3件)

モバイルバッテリーの使用感

下の写真が、Apple Watchとモバイル充電器のサイズを比較したものです。
Apple Watch2個分の大きさで、見た目通り軽量・コンパクトで持ち運びに苦労しません。
基本的にシーンを選ばずに常備することが出来、いざという時に活躍するので持っておいて損はないでしょう。

私の場合は、Kindleも常に持ち運んでいて、モバイルバッテリーの充電も可能なので、旅行などに出かける際も、Apple Watchの充電器はこれだけにしています。

このモバイルバッテリーを買う前に注意しておいて欲しいことは、充電ケーブルがmicro-USBケーブルなので、ケーブルを統一したい方は購入はしないほうがいいでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
広告