Notionの使い方と活用法『List編』

Notionは、日本語対応していないことから、理解するまでに時間がかかります。
この記事では、各種「List」機能についてまとめて紹介していきます。

Notionの各機能毎に使用方法や活用方法をまとめていますので
Notionを始めたばかりの方は、是非見ていってください!


広告

「List」とは

Listは、入れ子構造で整理することができるので、
これを活用すると、Page内の情報が整理され見やすくなります。
階層を下げる際は、「tabキー」を入力します。
階層を上げる場合は、「Shift」+「tab」を入力します。

Listとひとまとめにしましたが、正確には、「Todo」「Bulleted」「Numbered」「Toggle」があります。
これらは、使い方は基本的に同じで使用用途によって使い分けていくので、まとめて紹介して行きます。

Todo Listは、チェックボックスです。
Todoリストやチェックリストとして使用します。
Notionの特徴としては、チェックした項目も後で閲覧が可能です。

Bulleted ListNumbered Listは、箇条書きです。
名前の通りで情報を箇条書きで表示したい場合に使用します。

Toggle Listは、マークダウンではない拡張表現です。
見出し代わりや長文のテキストを収納しておくときなどに使用します。

各Listは、以下の画像のように表示されます。

Listの追加方法

Todo Listの追加方法
  • 「+ボタン」を選択。又は、「/」半角スラッシュを入力して、メニューバーから、「Todo List」を選択する。
  • 入力したい行の先頭に[ ]を入力すると、自動的にチェックボックスに変換。 
    カッコの中には、スペースは必要ありません。
  • ショートカットキーで追加する場合:「cmd/ctrl」+「option/shift」+4

Bulleted Listの追加方法
  • 「+ボタン」を選択。又は、「/」半角スラッシュを入力して、
    メニューバーから、「Bulleted List」を選択する。
  • 「-」「✳︎」「+」のいずれかを入力して、半角スペースを入れると自動的に変換。
  • ショートカットキーで追加する場合:「cmd/ctrl」+「option/shift」+5

Numbered Listの追加方法
  • 「+ボタン」を選択。又は、「/」半角スラッシュを入力して、
    メニューバーから、「Toggle List」を選択する。
  • 「 > 」を入力して、半角スペースを入れると自動的に変換。
  • ショートカットキーで追加する場合:「cmd/ctrl」+「option/shift」+6

Toggle Listの追加方法
  • 「+ボタン」を選択。又は、「/」半角スラッシュを入力して、
    メニューバーから、「Numbered List」を選択する。
  • 「 1. 」を入力して、半角スペースを入れると自動的に変換。
  • ショートカットキーで追加する場合:「cmd/ctrl」+「option/shift」+7

私の活用事例を紹介

ここからは、私の活用事例を実際に紹介していきます。
各機能の使い道がイメージできない方は、これを見るとイメージしやすいかもしれません。

Todoリスト/実績表として活用する

階層構造にできるので、一番上を上位タスク。その下に付随するサブタスクを設定しています。
これに、Bulleted Listを組み合わせて、予定と実績と横並びに表示しています。

チェックリストとして活用する

チェックリストの場合は、Toggleと併用して必要に応じて展開しています。
私はToggleが好きですが、heading(見出し)を使用しても良いと思います。

読書記録で活用する

箇条書きで表示したい場合に使用しています。
Todo Listの所で紹介したように、1週間の実績を残したり、読書記録で使用しています。

Headingを大項目。Toggleを項目毎に分けています。
Toggleを使用しているのは、振り返った際に理解度を確認するためです。
画像の用に、質問形式にして記憶しているか確認しています。

まとめ

活用方法は、これ以外にもたくさんあると思います。
例えば、手帳のレイアウトを、Notionで再現してみても面白いと思います。

イメージが湧かない方は、普段使用している物をNotionで再現してみると良いかなと思います。
他の人の活用例や本を読んで学んだ内容をNotionで真似をしてみても面白いです。

広告