Notionの活用事例『日記編②』

前回の記事に引き続き、Notionを活用した日記について紹介していきます。

画像メインで紹介するので、記事が長く表示されます。
日記に関しては記事を2つに分けて紹介していていますので、ご了承ください。

広告

Notionを活用した日記について

私の場合は、2つの日記を作成して運用しています。
・デイリーページ(毎日の記録や感想などを書く)
・ウィークリーページ(1週間のTodoリストやデイリーページの情報を管理)

イメージとしては、ウィークリーページで1週間単位でPDCAを回しつつ、
日々の記録をデイリーページで管理する感じです。

ウィークリーページについて

私のウィークリーページは、「Table」「Gallery」を使用しています。

用途は、以下の通りです。
Table(その週の評価を閲覧)
Galley(Taskumaのサマリーを閲覧)

日記に関しては、前回紹介したデイリーと今回紹介するウィークリーページのみで運用しています。

日記運用を始めた当初は、マンスリーページの作成を試みたのですが諦めました。
理由としては、維持管理に手間がかかるのと月次を作成しなくても、ウィークリーページを見直すだけで十分だと感じたからです。

これから日記を活用していこうと思っている方は、
マンスリーページの作成は無理にしなくてもいいかなと思います。

下の写真が、私の日記です。
「Properties」で、一覧で表示したい情報のみを表示しています。

「Table」では、週毎の評価や感想を一覧できるようにしています。
以前は、良かった点などはページ内に収納していました。
ですが、良かった点なども定期的に振り返った方がいいと感じたので、「Text」で一覧表示できるように変更しました。

「Galley」では、前回の日記についての記事で紹介した睡眠ログのように、Taskumaで出力したサマリー(時間管理マトリクスで分類したタスクの割合)を一覧で確認できるようにしています。

補足として、Taskumaや時間管理マトリクスについて少し紹介します。
興味のない方は、読み飛ばしていただければと思います。

Taskumaについて紹介

Taskumaは、簡単に言えばタスク管理用のアプリです。
タスクシュート(時間見積もり)という手段を使用しているため、Todoリストより使い勝手がいいです。
タスクごとに時間配分を見積もることができて、見積もり時間を超えると通知してくれます。

タスクシュートの手法、Taskumaに興味がある方は、こちらの方々の記事が非常に参考になりますのでリンクを貼っておきます。

時間管理マトリクスについて紹介

私の場合は、Taskumaで1週間のタスクを出力しています。
この際、プロジェクト毎に時間の割合が出力されるのですが、私は4つのプロジェクトで管理しています。

4つのプロジェクトは、時間管理マトリクスを採用しています。
時間管理マトリクスは、簡単に言えば自分の時間の使い方を見直す手法です。

こちらの方の記事が、分かりやすかったので興味のある方向けに紹介しておきます。

ページ内の紹介

ここからは、各ページ内の紹介を行っていきます。

ページ内のプロパティーは、以下の通りです。
それでは、プロパティーの構成について説明させていただきます。

私は、「Relation」という機能を使用して、デイリーページとウィークリーページを連動させています。
ページを個別に連動させるので、上記のように必要なページのみ連動させることができます。
「Relation」を使用している箇所は、↗︎の箇所です。

連動させるメリットとしては、「Rollup」という機能を使用できることです。
「Rollup」を使用すると、相互でプロパティー情報を共有することができるので、
デイリーページを書いていれば、振り返りたい内容が自動でウィークリーページに反映されます。

私の場合、ウィークリーページはデイリーページの情報を集約させることに特化させています。

別のデータベースからプロパティを抽出する方法

まず、互いのデータベースを接続する必要あります。
接続するには、下記の手順で「Relation」機能を使用します。

①連動させたい2つのデータベースを準備する。
②プロパティー(変更したい箇所)を選択して、TYPEを「Relation」に変更する
③リンクさせたいデータベースを選択する。

「Relation」でデータベース同士を接続したら、プロパティの情報を抽出させます。
抽出するには、プロパティーを追加して上記と同じ手順でTYPEを「Rollup」に変更します。

変更後、⚙の箇所を選択するとRollup設定画面が表示されるので設定を行います。

注意点としては、先にRelationで接続しておきましょう。
Relationは、設定していないと表示されません。

プロパティーに関しては、接続したデータベースの中から一つ選択可能です。
複数のプロパティーを表示するには、それに応じてRollupを追加する必要があります。

CALCULATEは、プロパティーの表示方法を設定できます。

私の場合は、以下の使い方をしています。
①ページタイトルや運動内容、勉強内容を一覧表示
②運動時間や勉強時間を集計して表示
③習慣のチェックボックスを集計して、達成率を表示

ここの設定は、人それぞれの使い方があると思います
実際に試してみて、自分に適したデータベースにしていきましょう。

ページテンプレート

Notionのデータベースでは、テンプレート機能があります。

テンプレート機能を使用すると、あらかじめ設定したレイアウトでページをすぐ使用できます。
右上に表示される[New]の横をクリックするとテンプレートのメニューを表示できます。

[New Template]で、新しいテンプレートを作成できます。
テンプレートを修正したい場合は、[…]→ [Edit]の順で選択します

私の場合は、下記の内容を週間ページで管理しています。
・プロジェクトリスト(別データベースをリンクして表示)
・Todoリスト/週の実績表(チェックボックス)
・その感じた改善点など

以下が、実際に私のページです。
添付写真に、各項目の主な記入内容を記載しています。

タスクボードは、Timeline Viewで作成しているプロジェクトリストをインライン表示させています。

終わりに

Notion活用事例(日記)に関して紹介させていただきました。
分かりにくい所もあると思いますが、一例として参考にしていただけると嬉しいです。

前回の記事で、デイリーページの紹介をしていますので、
まだ見ていない方は、そちらも見ていただければと思います。

関連キーワード
広告